アメリカ駐妻・再就職への道②-完-

再就職への記録

ニューヨーク元駐妻のMOMAです。

前回の更新から9ヶ月くらい経ってしまいました。あけましておめでとうございます。

本当はこの記事をほぼ書き終えてたんですけど、更新をやめてしまってました。隔離生活後は結構バタバタしててしまって、、もったいないので更新してみます。ちなみに下記の内容は4月に書きました!

というわけで「再就職への道」第二弾です!完結編です。前回は、コロナウイルスが流行る前だったので、夢と希望とやる気に溢れた記事を書いてましたね~(遠い目)

大変な時代になってしまったな、とひしひしと感じます。

結果

結論から言いますと、有難いことに隔離期間中にウェブ面接にて内定をいただき、転職活動を終えました。

就職活動の進捗を書く間も無く、終わっちゃいまして、本当だったら「再就職への道」は3部作くらいにしようと思っていたのですがね。。

 

日本で非常事態宣言が出され、それで採用ストップした企業は幸運なことにありませんでしたが、ウェブ面接は行わない方針の会社で、選考再開が6月からという連絡が一社からありました。

このご時世なので、掛け合えばウェブ面接をやってくれる会社がほとんどで(行きたい業界にもよると思いますが)、自主隔離期間中にも選考が進められて、内定にまで至れたので良かったです。

本当はエージェントサービスも受けて、もっと多くの会社を受けて、がっつり就活しようと思っていたのですが、コロナによって採用を絞られるのを恐れて早めに切り上げてしまいました。

エージェントサービスを受けるには、電話での相談と言われてしまって、スマホもまだ契約できてないので電話番号なくて、できねーよってなりました。。

この自主隔離中動けないのもなんだかなあと思っていましたし、とりあえず動こうと思って求人を見つけてぽちぽち応募しました。

結果2社のウェブ面接を受けました。もう一社は返事待ちだったのですが、諸々好条件を提示してくれた会社に就職を決めました。

エンジニア職でもデザイナー職でもないけれど、目標だったIT業界に入れることになりました〜

平たく言うと事務職につく事になりますが、TOEICのスコアだったり前職の経験だったりを考慮してくれて前職より基本給はアップできました。

賞与がどのくらいかにはよりますが、まあ良かったかな〜と。

資格を取ると月の給与に上乗せされる給与システムなので、資格取得諸々の勉強を頑張って行きたいと思います〜。

子供が欲しくて、産休育休の取得も想定して早めに入社できる&スキルつきそう企業ではあるので、うん。良かったでしょう!

コロナでどうなるかですが、ゴールデンウィーク明けから働く事になりそうです

メラメラ燃えていたので自分自身拍子抜けしてますが、そんな感じです。

また更新します。

タイトルとURLをコピーしました